資産運用

日経平均3万円超え!最近の相場状況解説2023.6月時点

こんにちは、たぱこです(^^♪

なんだか嬉しいことに株式市場が盛り上がっています!

日経平均が3万円を超えたかと思うとスルスルと値上がりし、なんと今日は(2023.6.6)は32,506円!

米国の方も上がってます!

株価が上がるのは嬉しい!

でもこんな時こそ立ち止まって、簡単に最近の相場状況をおさらいしてみたいと思います。

日本株の動き

日経平均株価1年の動きです。

3月終わりからぐんぐん価格が上昇しています。

  • 2023年3月の主要企業の純利益の総額が過去最高だった
  • 東証が資本効率の悪い低PBR企業に改善要請(株価が解散価値を下回っているのはおかしい)
  • 植田新日銀総裁も金融緩和路線を継続する見込みであること
  • ウォーレンバフェット氏が日本の商社株を追加購入表明

など様々な要因が考えられます。

とにかく外国人投資家が買っている様子です。中国よりも日本がマシ?という消去法的に買われているという話もあります。

こうやってぐんぐん上がっている時って、乗り遅れまいと急に投資しなくちゃという方がでるのですが、今年度2024年3月期は各社減益予想だそうです💦

上がったり下がったりしながら上昇していくのが株式相場。

モーサテの解説者とか34,000円までいくとか4万円いくとか言ってるけど、私は「ほんとかよ!?」と冷めた目で見てます(笑)

短期的に私の予想が外れるのは大いに歓迎です。

だけどそういった短期的な思考ではなく、長期で経済成長して株価が上がることは期待しています。

株価上昇に一喜一憂せず、淡々と積立投資

全世界株式の動き

eMAXISSlim全世界株式(オールカントリー)三菱UFJ国際投信HPより引用

全世界株式もこの1年は一定の範囲内を行ったり来たりするボックス相場だったのですが、いつの間にかスルスルと株価が上昇始めてます。

こういう時がいつ来るか誰もわからないから相場に居続けることが大事ですよね

米国は金利が上昇していて株価上値が重かったのですが、やはり決算が悪くない、雇用統計などの数字も悪くないなど、不景気にならないの?という思惑で買われているようです。

ちなみに前述の日本株も、もちろん全世界株式には5.6%含まれていますので基準価額上昇の一因となっています。

2023年5月31日時点 eMAXISSlim全世界株式(オールカントリー)月次報告書より引用

NVIDIAが上がっているらしい 投資信託の銘柄入れ替え機能に注目!

最近チャットGPTが話題ですよね。

どうやら生成AIで欠かせないのがNVIDIAが作るGPUらしいです。

   時価総額1兆ドル越え目前、エヌビディア株が急上昇する理由

yahooニュースより引用

私は株価の予想屋さんではないので、NVIDIAがいいとか悪いとかはわからないので、ここはさらっと流してくださいね💦

私が皆様にお伝えしたいのはNVIDIAの株式が全世界株式の投資信託にちゃんと組み込まれている!ということ。安心してください、入ってますよ。(とにかく明るい安村風に)

こちらはeMAXISSlim全世界株式(オールカントリー)の2023年5月の月次報告書です。

ちゃーんとNVIDIAが4番目の組み入れ上位銘柄で入っています。

世界で活躍している企業をきちんとウオッチして銘柄を入れ替えてくれる!

これが私が投資信託が大好きな理由の1つです。

ちなみにこちらのブログでは2021年10月の同じ投資信託の月次報告書を載せています↓

アラフォー女子6人の投資家デビュー体験記女性6人が投資家デビュー!困難と成長の半年間の軌跡について書きました。...

こちらです⇊

組み入れ銘柄や比率が微妙に変わっています。

1年半前と比べてNVIDIAが上がって、TESLAが下がっています。

こんな変化をのぞいてみるのも投資の楽しみの1つかなと思います。

投資信託は企業の時価総額によって銘柄の入れ替えや比率を自動で調整してくれる。その時代で一番活躍している企業に手間いらずで投資が可能!

この投資信託を保有している方はこれらの会社のオーナー(所有者)の1人。株主としてAPPLEやNVIDIAが稼いでくれることを喜びましょう!企業が生む利益が株価に反映され、投資信託の基準価額が上がる。そして私たちの資産を増やすことができるんですね。

まとめ

世の中は株が上がっている!と盛り上がっていますが、私は長期投資家なので、一歩引いた目で見て、淡々と積立を続けるのみです。

  • 上がっているからと言って売って、下がったから買うなんて波乗り的な投資は素人には無理
  • 相場が上がった時には素直に喜び、下がった時には安く買えると喜ぼう!
  • 投資信託は銘柄入替機能があるから、投資が手間いらず

どうせ相場は自分の思い通りにはならないから。長期で世界経済の成長を信じて淡々と積立をするのみ。上がっている時も、下がっている時もドルコスト平均法で資産形成していきます。たぱこは皆さんと伴走して資産形成を応援します。

\つみたてNISAで共に資産形成しませんか?お問い合わせはLINEから/

娘と「年金・投資」の話をしました ~投資編~娘にした世界経済成長とつみたてNISAの話。世界経済の成長を信じるとは?...
つみたてNISAの肝!完全解説!ドルコスト平均法とは?ドルコスト平均法の仕組みについて解説しました。うまく活用して資産形成に生かしていきましょう。...