携帯料金・格安SIM

月1.5万円削減!携帯電話会社乗換えのお手伝い相談事例

たぱこ

こんにちは、たぱこです(^^♪

家族3人で携帯電話にかかる料金が毎月4万円というお客様から、料金削減についてのご相談を受けました。

結果としてソフトバンク→楽天モバイルに移ることで毎月約1.5万円の削減に成功!

詳細と手順をお伝えします。(以下すべて税抜きで表示します)

現状の契約・料金の詳細

ソフトバンク ご相談者様・大学生2人、計3人分の契約 約23,000円/月 (通信料のみ)

  • 基本プラン980円×3
  • メリハリ無制限プラン6,580円×3
  • 5分かけ放題(800円)×2、24時間かけ放題(1,800円)×1
  • 安心保障パック 1,309円×3
  • 家族割-1,100円×3、おうち割光セット-1,000円×3

お子様たちのデータ使用量は20ギガ以上のヘビーユーザー、ご相談者様は通話はたくさんするが、通信料は3ギガ以下のスモールユーザー。

この際、クオリティよりも節約を重視したいです!

との申し出から見直しを決断されました。

提案先は楽天モバイル

とにかく安くしたい、という方にはやはり楽天モバイルが候補にあがります。

ヘビーユーザーのお子様たちも上限なしのデータ使い放題で価格は2,980円

データ通信はあまり使わないけれど、通話をよく使うご相談者様については1ギガまでなら0円!3ギガまでなら980円。しかも通話はかけ放題で追加料金なしです。

楽天モバイルより引用

こちらに移動した場合、合計で約7,000円/月(母:980円、子2,980円×2)と想定できます。

携帯電話本体の保険は?

我が家、全員iphoneなんですけど、通信会社を移動してしまうと 壊してしまった時の保証はなくなっちゃうんでしょうか?心配なので保険はつけておきたいです。

持ち込みスマホ安心保証

そんな方には楽天モバイルには「持ち込みスマホ安心保証」のオプションサービスがあります。

保証対象製品であればつけることができます。

楽天モバイルより引用

今回は楽天モバイルの紹介のみになりますが、格安SIM各社でも同じようなサービスがありますので調べてみてくださいね。

スマホ保険

今は携帯会社でないところでスマホ保険という商品があります。

携帯会社で保証に入らず、別に加入する方法になります。

例えば損保ジャパンのMYSURANCEではスタンダードプランは470円/月

ホームページでAppleCare+との比較を載せています。

料金と補償に自信があるからこそ、ですね。

こちらの保険にすれば保険料はAppleCareの約半分で済みます。

MYSURANCEホームページより引用
たぱこ

スマホ保険にすれば、保証を気にして乗換を諦めることがなくなりますね。また、楽天モバイルにして通信状態が満足できなかった場合、他に移ったとしても保険はそのまま手続きする必要ないので楽!

通信会社と保険は分けて考える、のがお勧めです。

乗換時にやるべきこと

SIMロック解除

使用中の携帯電話がキャリア(ソフトバンク、ドコモ、au)で購入した場合、その会社の電波でしか利用できないように制限がかかっていることがあります。これをSIMロックと言います。

各会社のマイページから解除の手続きができますので、MNP番号を取得する前に必ず行ってください。

店頭で依頼すると有料ですが、自分でマイページからやれば無料です。

契約中の携帯会社へ解約料金の確認

電話でも店頭でも構いません。解約料金をきちんとメモしましょう。

今回のお客様の場合も、本人が認識していない明細がありました。自分の携帯料金の内容をきちんと把握するチャンスです。

対応する人によっては「月末に解約した方が一番得ですよ。」というようにアドバイスくれることもあります。

MNP番号取得

解約料金を確認したら、そのままMNP番号を取得しましょう。

次の携帯会社の申し込み画面でMNP番号を入力するところがあります。

先走って申し込んで、途中まで入力したところで「あ、MNP番号まだだった・・・」ということ私も何度もあります(笑)

まとめ

【乗換後】

楽天モバイル 7,000円

スマホ保険 MYSURANCE 470×3=1,410円

合計約8,500円/月

1ヵ月当たり14,500円の節約!

乗換時に事務手数料等がかかってきますが、それでも乗り換えた場合は単純に1年で×12にすると174,000円も節約できることになります。

家族割やおうちの光回線の割引は元の料金が高いので結局全然お得ではありません

たぱこ

やはり、携帯料金節約は家計改善の要です!

ただし、相談者様はiphone本体の残債がありました。

これは引き続きソフトバンクに払い続けることになります。

今回は通信料の見直し。携帯本体の料金は単なる分割払いですのでこれは引き続き完済まで支払います。

毎月4万円のうち約13,000円は機種の分割払いやその他の金額なのでここは今回の乗換では節約できません。

こういうわかりずらい仕組みを携帯会社が作るから、消費者は本当に頭を抱えてしまいますね。

以前は来るたびになんか勧められて色々申し込まされたりしたけれど、佐々木さんが一緒にいてくれたので、スムーズにできて本当によかったです。

今回のように携帯会社へ同行し、手続きをお手伝いするサービスを始めます!

私のような人間が同行すると、携帯会社の人も無駄な引き留めとか一切ありません。

とても効率的に作業を進めることができます。

手続に不安がある方、是非ご利用くださいね。