ライフプラン

ライフプランを作りましょう

たぱこ

こんにちは、たぱこです(^^♪

ライフプランってご存じですか?

直訳すれば「人生の計画」

ライフプラン

人生の中で想定される大きなイベントを考え、お金が必要になるタイミングやその金額を把握して計画を立てること。

いざという時に「お金がたりない!」という事態にならないよう将来のお金について「見える化」することができます。

よく平均的な家庭の収入や支出の数字を聞かれる方がいらっしゃいます。

昭和の時代は

  • 世帯主が働く
  • 奥様は専業主婦
  • 子供は二人

というような家族構成が大多数で、平均値が自分の場合と似ているという状況でした。

ですが、平成、令和と時代が進むにつれ、家族構成・働き方・考え方は多様化が進んでいます。

平均値は参考にならず、個々それぞれのライフプランを作る必要性があるのです。

ファイナンシャルプランナーは

  • 年間必要生活資金
  • 家族構成
  • 預貯金の額
  • 保険の加入状況
  • 年金定期便の情報

などを伺い、必要に応じて教育費や車購入費などの項目を追加します。

たぱこ

あなただけのオンリーワンのプランを作成していきます!


こんな風に預貯金の額の推移をグラフにしていくと、わかりやすいですね。

ライフプランを作成の効果とは?
  • 未来の不安に対して収支を見える化できます
  • 収支のバランスがわかると課題もわかります

預貯金の額が0を下回ってしまったらどうしよう・・・

そう思われるかもしれませんが、大丈夫。

そうならないような分析・提案をして一緒に考えていくことがファイナンシャルプランナーの仕事だと私は思っています。

対策には節約、保険の見直し、資産運用などお客様のご意向を伺って提案させていただいております。

  • 保険見直しの店舗では保険の相談
  • 証券会社や銀行では運用相談

をすることができます。

ですが、それぞれその分野での商品比較しかできません。

また保険の店舗では保険を販売すること、金融機関では運用商品を販売することが目的なので相談料はかかりませんが、結局保険を乗り換えさせられたり、運用商品を売りつけられてしまうことが多々あります。

ファイナンシャルプランナーはライフプランを作成し、あなたのライフスタイル全体を見て提案します。

FP独自の視点
  • 商品比較だけでなく、それは本当に必要なのか
  • 将来の希望を叶えるためにはどの程度のリスクや備えが必要なのか

ですから、分析して運用や保険が必要なければ、やめることも提案いたします。

またライフプランは一度作ったら終わりではなく、ご自身の状況や考え方の変化に応じて3年から5年ごとにメンテナンスすることも大切です。

その時は是非またご相談にいらしてください(^^)/

税制も、運用も、保険も人間も進化しています。

その時に一番良い情報をお届けできるよう、知識をアップデートしてお待ちしています!

たぱこ

まずは、あなたの将来の夢を実現するために、ライフプランを作成してみませんか?

ライフプランとFPの使い方についての両学長のyoutubeです↓

ライフプランとFPの使い方ライフプランとFPの使い方を説明している両学長のyoutubeを紹介します。合わせてたぱこの立ち位置についても書きました。...